地震のこと2

どんなタイミングかと思うのですが、実はわたし、会社の退職まであと数日というところでの地震でした。絵を教えたりしながら、制作と子育てを中心にしていこうと決めていたことなんだけど、今はそのへんのことも吹っ飛んでる感じ。
つくばから両国まで、いかに自分の力を超えた距離を毎日高速移動しているか、これまでもぼんやり考えたことは多々あったんだけど、本心から実感です。感覚の問題だけど、自分はもうすこしゆっくり暮らしたいっていう志向を優先できるのも、ある種の贅沢か。
受け持つ予定の絵画教室は、施設の復旧のためとりあえず休止中。活動範囲を広げるため、つくば在住11年目にして何の免許も持たぬわたし、原付の免許取得を予定してたのですがそれも延期です。
現状は、リアルに命と暮らしに直結してくるので絵なんて言ってる場合ではないでしょう。わたしもまずは家にいることが最優先だけど、いろんな状況が安定してきたら、絵を学びたい方々と絵について話せるようになれたらと願います。制作することが、役にはたたなくても糧となれば。

数日前に戻りますが、給水に並んだとき。いつも花見するそば、天久保公園には長蛇の列、学生の時だったら並んだかねえ?と疑問。夫はコンビニで食べもの・飲みものが売り切れている隣で、お酒はしっかり残っていたことにほっとしたらしい。。ニュアンスは何となく。子どもたちはあまりいつもと変わらずアスレチックにひっつく。 それにほっとします。
つくばの現状ですが、スーパーでパンは売り切れてるけど、開いてるパン屋さんでは普通にパンが売っています。ライフラインが復活してるなら、別にカップ麺やレトルトを買い急ぐこともない。ガソリン不足は確かに悩みの種だけど、ここは現状ずいぶんましになってきていると思うので、落ち着いてやっていきたいところです。つくば市の放射線量はリアルタイムで高エネルギー加速器研究機構(KEK)のサイトから確認できますよ!

高エネルギー加速器研究機構(KEK)
http://www.kek.jp/quake/ja/index.html

Leave a Reply