定点記録:三週目 at BankART


角をつかって対象なかたちを描いてみる。これはどんなもんか、実際に自他の目に触れさせ確かめたい、というのがレジデンス当初の目的でしたが、次第に制作そのものに抱えている問題の方に重点を置きたいと考えるようになりました。

そんな三週目は髪以外の描写をおもいきって変えようと、モヤモヤと過ぎていきました。
お隣の作家さんとの雑談から思い立ったことでもあり(感謝)。いつも、描写の密度が上がるにつれて最初にあった良さが無くなっていくと感じていること、これに向き合ってみてます。

あっさり描くひとは他にもいる、と思ってじわじわ描くのも、自分の固定観念になってた気がします。大きな面への塗りで構成したくなるのも、煩悩の一種。制作が進むと、色んな可能性が浮かんでは消えていくように感じます。

必要かどうか吟味しながら、若干画面に対してびびりながらの制作になってる感はありますが、色をしっかりかためていくため、次週は髪の色面の密度をがっつりあげていく予定です。

Leave a Reply