みとで4つ

昨日は水戸を満喫してきました。
カフェ&雑貨のミネルバで、お友だちの作家おくまきさんの個展「チェプは詩う」あとパンケーキ。すごくキュートでちょっと儚げで、よかったです(・ⅴ・)!初めて訪れたお店なんですが雑貨チョイスも楽しくて、パンケーキもおいしくて。欲をいえば大盛りがあるとなおうれしい。
水戸芸「ゲルダ・シュタイナー&ヨルク・レンツリンガー展」。行きたいと思いつつも、失礼ながらゲルダ以降が覚えられなかった展示名、ようやく言えました。その水戸芸術館広場では「あおぞらクラフトいち」が開催中で、テンカウントメンバーの小中くんが出展しています。お天気に恵まれて、ピースフルな雰囲気。いいイベントですね〜。
ちょっと離れたキワマリ荘では、洋画の後輩の津澤くんが個展開催。ずっと訪れてみたい場所だったので、おかげで良いきっかけをもらった感じです。居合わせた方々とお話したら、わたしの地元も水戸なので、急につながりが見えて嬉しかったです。ここのところ体調を崩し、回復してきたところだったので、会えなかった方もいるけど、会えた人や作品、ものたちにずいぶん活気をもらいました。
写真は水戸芸の展示から(今回、撮影可の展示)。アルミ箔?っぽい質の巨大な円筒が天井からつり下がり、その真下に置かれたベッドに寝そべって鑑賞すると円筒の内側が見上げられる感じです。純粋な驚きがあって、うちの子どもも感激したようす。チューブの中を水が巡っていて、身体のなかのようで宇宙のようだなあと思っていたら、タイトルは”Lymphatic System”(リンパ系)。ああ、わたしがやられてた所だー、と。実は最近体調崩してまして、免疫が下がって、のどの奥に菌が感染してたらしいので。勝手ながらタイミング的に思い入れのある作品になりました。
つくる意識に関しては”Sweet Little Nothing”(いとしいなんでもないもの)にちょっと共感。最近、題材になんでもないものを加えて描くこともあります。インスタレーションとは違って言葉と物語は一度なくなり、描かれて具体性もなくなり、宙ぶらりんな感じになるのだと思うけど、その宙ぶらりんな感じが、また。

Posted in art

Leave a Reply