制作部屋内装DIYの日々 preparing my studio

この3月から床を貼り、塗装し、ようやく制作部屋がスタートラインに辿りついた。いやーー長かった。収納ができてないので、ものが床にあふれており、まだ引きがとれないのですが、とりあえず描けそうな雰囲気に。これがこの部屋最初の作品になりそうですね

Just finished preparing my working room, and started a new painting! Since last March I have spent my time with painting the wall white and flooring… This one may be the very first piece in my new studio:)

0616_05

ちなみにスタートはこんな姿でした。
壁は壁面補強してあり、部屋側は石膏ボード。ビスの頭などを埋めた状態にまでしてくれてありがたかった。床面は下地の合板の状態で引渡し。でも巾木はついてるので、変っちゃ変ですね

0616_01

床はOSB(木質ボード)を敷くつもりでいたが、小さい子がいること、有害物質を扱う部屋である若干の後ろめたさから、少しでも挽回したい…と天然素材に方向転換。予算もあれだし荒くてもいいから…と、杉の羽目板のアウトレット品を敷いていった。大変だけどなかなか面白い作業。

0616_02

塗装はワトコオイルで。薄い色に仕上げたかったんだけど、ためしに塗ったら木目を強調してうるさく感じられたので、方針を変えて暗めにした。
結果、とてもハイハイOKのクオリティではないが、絵具を扱う準土足部屋としては、いい感じになったんじゃないでしょうか。

0616_03

0616_04

そして最後に、これはついにカラにしたアトリエ、テンカウント。4月頃…どれだけかかったんだ…テンカウントの皆さんにはご迷惑おかけしました。赤子の風邪に常に悩み、いつ片付け始めていつ大半を撤収できたのか。約10年の感慨にひたる間もなかった。冴えない日も吉報の日も、宿題する娘を横目に描いた夏も、ネコタと仮眠ししょうが湯でしのいだ夜も。本当にお世話になりました。きれいに使わなくてごめんなさい。

0616_6

Leave a Reply