単位と強さのこと inflection of brushstrokes and the thickness of oil paint




小さい画面に描いたもの、或いは紙に描いたドローイングを参照して油彩で制作しようとするとき、それらの要素をどう拡大するか、今も正解を見つけられていない。自分の最小のかたちの単位はどのくらいか。ドローイングの持つ抑揚を油絵具の厚さにどう解釈するか。盛って重量感がどこかを通り過ぎると、本来そこにある弱っちい感じみたいなものが失われる。目はどのように重さを判断するのだろう。

Fragments of process. When starting a large painting I still wonder how to interpret and enlarge the elements in small rough drawings. How to translate the inflection of brushstrokes into the thickness of oil paint. Too much heavy impasto removes a feeling of weakness which is originally on the drawings. How do the eyes judge gravity?

小さい作品がBankART Station内、Shopにやってきます。小さいといっても一辺30cm程度で、白ラインの要素のある絵。あまり小品だとラインは入れられない。いくらか鳥瞰図のような構成に、水鳥と海鳥の名前を付けました。


世の中の状況は色々不安定ですが、3/20からBankART Stationの展覧会が始まりオープンするようですので、あわせてぜひいらしてください。新高島駅構内(地下1階)で、横浜駅からみなとみらい線で一駅だけど、徒歩で日産の中を通って行けます。

These small new pieces will be hanged in BankART Station Shop, which is in B1 floor of Shin-Takashima Station next to Yokohama from 20 Friday. Please check them.

BankART Station

Posted in art

Leave a Reply