地震のこと

今回の災害で、すこし落ち着いてきたので地元つくばのことなど含め記録しておこうと思います。

大地震、わたしは都内、墨田区の会社にいました。いちど外の公園に避難したあと、次に来た大きいのでゆさゆさと揺れる社屋にみなが戦慄。
つくばへは帰れなかったので、江東区のおばあちゃんちまで歩いて泊まり。道中、森下の有名な甘栗のお店に吸い寄せられて、こんな時にと思いつつ買ってしまう。気づけば何人かつられて買いに並んでいた。家族(と猫)の無事は確認できたものの、状況がわからぬまま、以後どこか栗に勇気づけられながら歩きました。
電話などつながりにくい中、早い段階でつくばの友人と連絡とれたのがfacebook。感謝してます。
つくばでは建物そのものの被害は比較的少なく、家の中、食器などが色々割れた感じだった。問題はライフライン。停電、断水が2日ほど続いたけど今は有難いことに復旧してます。信号すら点かない夕方の街が印象的でした。夜中に玄関のチャイムとともに全部の電気が通った、電化製品たちの低い音みたいなものが忘れられない。

もう一つの不安はテンカウント。。普段から、目の前の東大通りを大きい車が通るだけで揺れるわがアトリエです。正直つぶれたかも、と思っていましたが、何とか。帰れなかった私の分までメンバーが片付けてくださったので、地震直後のショッキングな様子、実は私は見てません。
ただ最近仕上げた大きめの作品が歪んでいました。支持体、パネルの木が衝撃でベニヤから剥がれたもよう。が、それを接着しなおしてタッカーで止めたらきちんと直り、表面は無傷。他の作品も含め、油絵の表面の強さには驚かされました。命にくらべれば二の次なんだけど、嬉しかったです。

Leave a Reply